エクセルの役割と魅力とは

現代社会ではビジネスにおいて、仕事の能率化のため今やパソコンは欠かせない存在になっています。パソコンを便利に活用するには、目的に応じたソフトが必要になりますが、その中でも特にエクセルは、活用していない企業は殆どないと言っていい程、ビズネスには幅広く活用できる優れた機能を持つソフトです。故にエクセルを使いこなせば、事務処理も早くなり、顧客管理をはじめ売上の集計や目的に応じたデータの抽出などが簡単に出来ます。

初心者でも感動する基本的なエクセル機能

実はエクセルは、多くの企業で活用されている割には、残念ながら高度な技術で使用できる人は、まだまだ少ないと言う現状もあります。なぜなら、基本的な機能を使えるだけでも事務処理が便利と実感できるのも事実です。例えば、見積書や請求書を作成する時、以前は電卓を何回もたたいて計算したものですが、今は計算式や関数の機能を使用する事で、電卓をたたかなくても正確に計算してくれるので簡単に見積書や請求書が作成できます。

技術を磨けば高度な処理が出来るエクセル機能

関数をはじめグラフ、データベース、マクロ機能を使いこなす事で、本当のエクセルの魅力を知る事が出来ます。給与計算、帳簿、膨大な顧客管理、グラフを使用すれば知りたいデータの推移が簡単に見る事ができるなど、ビジネスの目的に応じて活用する事ができるものです。例えば、帳簿においては、毎日の収支の内容を入力するだけで、月別、費目別などを自動的に集計したり、電卓を使用しなくても正確に簡単に処理できます。また、膨大な顧客リストから必要な部分だけを便利にピックアップ出来るなど、折角エクセルを使うのであれば、技術を磨き幅広く活用したいものです。

CADのスクールでは、丁寧な指導を通して確実に理解することができるため、初めてでも安心して学べる点が魅力です。