自分本位になってはならない

例えば自分が有名な大学に通っているとして、「自分はこのように勉強して合格したのだから、同じことをすれば必ず合格できる」と判断するのは良くありません。確かに勉強の仕方の基準にはなりますが、人にはそれぞれ合ったやり方が存在するのも事実です。生徒に合わせたやり方を考えるのも家庭教師の役割の一つでして、無理強いによって生徒がやりにくさを感じてしまえば、効率の良い勉強の妨げになってしまう可能性があるのです。

家庭教師のメリットを理解する

塾では基本的に講師が教壇に立ち、生徒がズラリと座って学ぶという形態がほとんどです。そして発生した疑問はその場ではなく授業後に聞きに行くということになります。対して家庭教師は疑問が生じた時に、授業の流れに関係なく質問できます。この点が塾とは違う、大きなメリットと言えます。ただ、この部分を理解せずに質問を後で受け付けるスタイルにしてしまうと、家庭教師の良さが消えてしまい生徒の不満に繋がります。考えさせることも大切ですが、適切に疑問を解消してかなければなりません。

人としての態度も大切

家庭教師は一対一でコミュニケーションをするので、勉強を教える以前に人として真摯にならなければいけません。勉強を教えているからと言って、面倒そうな口調で話したり、話し方が乱暴ですと生徒の信頼を得られず苦情に発展します。「こんなことも分からないの?」などという侮辱は言語道断です。いかがでしたか?いくら家庭教師として教えている身であっても生徒は所謂お客様なのです。お客様のために自分がベストを尽くすことは当たり前なのです。

家庭教師のバイトは、小学生から高校生を対象として勉強を教えるアルバイトです。各個人の家に講師が出向きます。