信用取引は紛れもない「借金」

信用取引と言われると、どうしても危険性が高い素人は手が出せない株取引のような印象を持ってしまいます。投資雑誌やビジネス書などを見てみると、「信用取引は危なくない」「信用取引で安全に儲けることができる」といった謳い文句をよく見かけます。しかし、信用取引が株という金融商品を証券会社から借りて運用するという形式である以上、それは借金に類するもの以外に他ならず、実際の借金に伍する危険性を孕んでいることは確かなのです。

危険性があるからこそ求められるリスクコントロール

信用取引には危険があります。しかし、金融取引においてハイリターンはハイリスクと表裏一体なのです。やはり株取引でしっかりとした利益を出したいという場合は、信用取引も行わなければなりません。そこで求められるのが、現物取引以上のしっかりとしたリスクコントロールに基づいた運用規則なのです。信用取引では「何となく取引する」「よくわからないけど、とにかくやってみる」といった曖昧な思考は絶対に避けなければなりません。

信用取引はどのような場面で利用すればいいのか?

ならば、どのような時に信用取引を使えば、よりリスクを抑えることができるのでしょうか?まず、緻密な分析と実績に基づいてはじき出される、より利益を出す蓋然性が高い場面のみに利用を絞るようにしましょう。また、現在利益が出ている銘柄の買い増しや売り増しのみに使用を限定すれば、短期間のみの運用に限ることも可能になります。信用取引は借金ですので金利がかかってきますが、短期間の運用にすることで、こうしたランニングコストも抑えることができ、よりリスクを軽減できます。

信用取引は大きな利益を得られるメリットがありますが、リスクも大きいので資産運用をする場合には注意が必要です。