補償内容の比較は念入りにチェック

火災保険の補償内容は、各保険会社ほぼ同様の内容になっており、地震以外の災害により受けた被害に対して補償されるようになっています。しかし、保険会社によっては片付け費用に関する補償が含まれている場合と含まれていない場合がありますので、加入前に補償内容の違いについて比較検討を十分に行うようにしておきましょう。その他にも補償率などにも多少の差がみられる場合がありますので、一括見積もり請求サービスなどを利用するのも一つの方法です。

仕様によって割引適用されるかをチェック

火災保険の保険料は基本的にほぼ同様の料金体系になっていますが、建物の仕様によっては保険料が割引になる場合があります。具体例としては、火災に強い耐火構造の建物や、オール電化仕様の建物、セキュリティーシステムを導入した建物、新築から5年以内の建物などが対象になっており、保険会社によってそれぞれ対象が異なります。火災保険は継続して加入することが必要になりますので、できるだけ割安な保険料となるように選定しましょう。

便利な付帯サービスを活用

火災保険は基本的に火災や水害などの被害を補償する内容となりますが、保険会社によっては生活面を様々な方面からサポートするサービスが利用できる場合があります。具体例としては、医療機関への相談サービスや、防災設備に関する相談サービス、ベビーシッターや介護相談などの福祉サービスや、鍵を紛失した際のトラブル対応など、生活する上で困った時に頼れるサービスが充実しています。火災保険だけでなく、トータル的に生活をサポートしてくれる内容になっていますので、併せて検討してみてはいかがでしょうか。

通販型の火災保険は、保険料が安いのが最大の魅力です。補償内容の選択の自由度が高く柔軟性のある設計ができるなど、内容も充実しています。